当ブログは、2ch なんでも実況(ジュピター)の面白いスレを配信するブログです。リンクフリーです。 ブログデザインやレイアウト等、表示がおかしい方は、ご使用中のブラウザをご記入の上、ご連絡頂ければ幸いです。

1 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:02:15.30 ID:CAP_USER.net

「過去に生産されたポルシェの70%が、いまも現役で走っている」と聞いたら、驚く方も多いことだろう。
クラシックカーは特殊な趣味の世界であると認識されがちだが、それはポルシェにはあてはまらない。
新車で購入されたポルシェは、その多くが30年、40年、50年と現役であり続けている。

なぜポルシェは、それほどまでに長く愛されるのか? それには理由がある。
今回は、世界中でポルシェオーナーを支えている、とあるサービスをご紹介しよう。

5万2000もの純正スペアパーツを供給
そのサービスが、ビンテージ・ポルシェを専門に扱う「ポルシェ クラシック」だ。
これまでは世界各国の輸入元・販売店レベルで実施されていたクラシック・ポルシェオーナーのサポート活動を、このたび本社が統括。
2015年に世界初の「ポルシェ クラシック センター」がオランダのアルンヘム近郊にオープン、あらゆる年代のクラシック・ポルシェのメンテナンスサービスを開始したのだ。


その後、世界各国に認定施設として「ポルシェ クラシック パートナー」が開設され、2015年末には24カ所に。
ポルシェ本社は2018年までに100拠点にまで増やすとしており、社をあげてクラシック・ポルシェを本気で支える意向を明確にしている。
このポルシェ クラシック パートナーでは、なんと5万2000もの純正スペアパーツの供給を受けることができるという。

さらに同社は、クラシック・ポルシェ専用カタログ「Originale」を発行。
このカタログでは、これまでほとんど知られてこなかったポルシェ車に関するパーツ、モデル、技術の数々を紹介している。
それだけではなく、ポルシェは世界各国の言語で、再生産された純正パーツ/アクセサリーに関する情報を記載したプロダクトニュースを定期的に発行している。

実車の修理/メンテナンス体制も万全だ。
ポルシェ クラシック パートナーには、同社が専用に開発した特別なトレーニングを修了した従業員が常駐。
クラシック・ポルシェオーナーに、車両タイプ別の損傷パターン、適切な予防措置、適切な修理オプションといった専門的かつ詳細な情報を提供することができる。
もちろん最高水準の修理を実施するのに必要な専用工具とモデル専用リペアマニュアルを備えている。

さて、「過去に生産されたポルシェの70%が現役」である理由は、おわかりいただけただろうか? もちろん、そこまで愛されるクルマを作り続けたことこそが最大の理由ではあろうが、このポルシェの全社的な取り組みは賞賛されるべきだろう。

ちなみに日本のポルシェ クラシック パートナーとして現在認定されているのは、「ポルシェセンター青山 世田谷認定中古車センター」と、「ポルシェセンター名古屋」。
クラシック・ポルシェにご興味のある方は、ぜひ、訪れてみてほしい。

http://getnavi.jp/vehicles/129413/

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.so/liveplus/1492477335/-1000/1



5 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:08:08.57 ID:f92KzXO+.net(2レス)
911ナローポルシェほちい


40 : おまとめさんZ ◆sO7BtWbu.I :2017/04/18(火) 12:49:40.24 ID:4HKF2Nae.net(4レス)
>>5

゜)ノ そんなあなたにシンガー911



14 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:21:05.15 ID:d/o22AOp.net
「過去に生産されたマハーポーシャのPCが、いまも現役で動いている」という事実


20 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:32:15.54 ID:/GsP46Cd.net
>>14
マハーポーシャってオウムが売ってなかったっけ?
なんか関係してたようなw





18 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:27:03.66 ID:D11bp/1E.net
でも日本だけは13年で税金高くなるので
ポルシェは乗り捨てられます


22 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:33:12.95 ID:n0FhSfDV.net
>>18
ポルシェ買う人間からしたら消費税より安いだろw





26 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:46:28.06 ID:Z5lsGL/V.net
914はポルシェではない


41 : おまとめさんZ ◆sO7BtWbu.I :2017/04/18(火) 12:50:32.19 ID:4HKF2Nae.net(4レス)
>>26
゜)ノ 914/6ならおk


49 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 14:15:25.14 ID:crgtEEdt.net
>>26
356まではワーゲンの4気筒をチューンしただけだぜ。



56 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 18:41:58.18 ID:C91DCAQo.net
>>26
エンジンフォルクスワーゲンだしな





27 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 10:59:12.06 ID:osuDzu3a.net
930ターボ 3,3リッター
4速ミッションだけど欲しい
やっぱり5マイルバンパー時代はカッコいい


42 : おまとめさんZ ◆sO7BtWbu.I :2017/04/18(火) 12:51:05.46 ID:4HKF2Nae.net(4レス)
>>27
゜)ノ 後期は5速になってます



37 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 12:27:24.40 ID:AgndbWg+.net
トヨタのエコ替え。エコロジー。


38 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 12:32:19.07 ID:+j7Z58C3.net
>>37
乗り換えられた中古車になって別のオーナーにわたるからね。




45 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 13:23:18.12 ID:mZ9c82+t.net
結局911のイメージから死ぬ迄抜けられなかったブランドだったけどな。



58 : おまとめさんZ ◆sO7BtWbu.I :2017/04/18(火) 18:47:33.23 ID:4HKF2Nae.net(4レス)
>>45
968は不遇でしたな
トランスアクスルのFRなんて願ってもないパッケージで実際評価も高かったのに
後ろにエンジンが載ってないという理由で売れなかったという…
あれが顔にアルファの盾が付いてるイタリアンな車だったら大人気だったはず
゜)ノ



46 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 13:26:53.24 ID:C92M3Wwh.net(3レス)
西洋人はほんとにブランド作りがうまい。

それをクサしても、意味なくない?
今でもよく走ってるといえば、日本車だとダットサンかな?


59 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 20:00:45.33 ID:TjsGpr+J.net
>>46
日本メーカーは店舗からして駄目だもんな。

下品なのぼりでイメージぶち壊したりw
日本メーカーではマツダがようやくそういうブランドイメージを台無しにしてる要素をコントロールしはじめたようだけど。



63 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 20:20:28.14 ID:C92M3Wwh.net(3レス)
>>59
日本にはもともと古いものがないのかも。

あっても1946年以降=戦後のプロダクトしかない。

中途半端に古いものをもったいぶって売るっていう発想がそもそも、これまで必要なかったのかもね。



65 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 20:23:38.11 ID:HzHPxMS8.net(2レス)
>>63
高級車量販メーカーは戦前のグランプリに参加したメーカーばかり。

日本には残念ながらない。



60 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 20:06:47.47 ID:EsfzeJAy.net
>>46
欧州は貴族文化の名残でもあるんだろうな。



62 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 20:16:52.00 ID:C92M3Wwh.net(3レス)
>>60
なるほど。





53 : おまとめさんZ :2017/04/18(火) 16:17:14.37 ID:5c+K9vCd.net
電気自動車時代がすぐそこ
遅かれ早かれガソリンの供給が終了
そうなったらいくら部品があってもただの置物


54 :おまとめさんZ :2017/04/18(火) 16:28:40.30 ID:atykzZH9.net
>>53
まだまだ急速には切り替わらない。

石油の埋蔵量は、まだ十分にある。
趣味の車を動かすくらいのガソリンは供給されて行くことだろうな。




【宝庫】本日のネタ探しはこちらから ↓↓↓


当ブログで掲載・配信している動画、画像の著作権/肖像権等は各権利所有者に帰属致します。勿論、権利を侵害する目的では御座いません。掲載について問題がある場合は各権利所有者様本人が直接ご連絡下さい。 その際、削除等の対処をさせて頂きます。又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切責任を負いませんのでご利用の際は自己責任にて対処して下さい。